検体測定室(ゆびさきセルフ測定室)は、指先から採取したわずかな血液をもとに、生活習慣病に関連する数値などを測定できるスペースです。

世界糖尿病デー・健康啓発セミナー2019開催のご案内

ご挨拶

謹啓 時下ますますご清栄のこととお喜び申し上げます。
平素は、検体測定室連携協議会に格別のご支援、ご協力を賜り、厚く御礼申し上げます。

さて、私ども検体測定室連携協議会では、10月25日(金)に下記要領にて「世界糖尿病デー・健康啓発セミナー2019」を開催させていただきます。
糖尿病や脂質異常症といった生活習慣病に関係のある項目を自己検査できるスペースである「検体測定室」が、社会全体の健康意識の高まりに後押しされる形で薬局等を中心に増え続けています。
今回のセミナーでは、経済産業省と厚生労働省より講師をお招きしてヘルスケア産業政策から今後の薬剤師・薬局のあり方、検体測定室ガイドラインに関する情報等について、東埼玉総合病院 中野智紀先生から「幸手モデルにおける検体測定室の位置づけ」について、みどり薬局 坂口眞弓先生から検体測定室を含めた「健康サポート薬局の活動」について等、検体測定室の開設や運営に役立つ情報をご提供する予定です。
ご多忙とは存じますが、ぜひご出席を賜りますよう、よろしくお願い申し上げます。

敬白

開催概要

月 日

2019年10月25日(金)

時 間

18:50~21:00(受付開始・開場18:00)

場 所

東京大学 医学部 鉄門記念講堂
住所:東京都文京区本郷7-3-1 医学部教育研究棟 14階 → 地図
TEL:03-3812-2111(代表)

対 象

薬剤師、薬局経営者、検体測定室関係者、及び報道関係者

定 員

【200名】(先着受付順)

参加費

3,600円(税込)
※但し、当協議会の会員様 及び 報道関係者様無料

プログラム

※タイトル・内容・演者は予告なく変更する場合がありますので、あらかじめご了承ください。

18:50~ 開会

検体測定室連携協議会 執行委員長
筑波大学 内分泌代謝・糖尿病内科 准教授
矢作 直也 先生

<第1部>
19:00~ 演題①

「今後のヘルスケア産業政策について」(30分)

経済産業省 商務・サービスグループ ヘルスケア産業課 企画官(ヘルスケア産業担当)
川口 俊徳 様

19:30~ 演題②

「今後の薬剤師・薬局のあり方(薬機法改正案を踏まえて)」(20分)

厚生労働省 医薬・生活衛生局総務課
課長補佐 境 啓満 様

<第2部>
19:50~ 演題③

「『幸手モデル』における検体測定室の位置づけ」(30分)

社会医療法人JMA東埼玉総合病院 地域糖尿病センター センター長
北葛北部医師会 在宅医療連携拠点 菜のはな 室長
中野 智紀 先生

20:20~ 演題④

「検体測定室ガイドラインについて」(20分)

厚生労働省 医政局 地域医療計画課 医療関連サービス室
係長 山田 寛之 様

20:40~ 演題⑤

「健康サポート薬局での活動について」(20分)

みどり薬局
坂口 眞弓 先生

21:00~ 閉会

矢作 直也 先生

申込要領

お申込み期間

9月17日(火)~10月18日(金)
※定員になり次第、締め切りにさせていただきます。

お申込みの流れ

  1. 【お申込み】
    お申込みフォーム に必要事項を入力、送信してください。
      ↓
  2. 【メールが届く】
    受講票メールが届きます。メールが届かない場合は、info@yubisakiself.jp へ、お申込み者様のお名前、企業名・団体名、検体測定室名、メールアドレス等をお知らせください。
      ↓
  3. 【印刷する】
    受講票メールを印刷します。
    ※当日名刺をご持参いただける方は、受講票の印刷は必要ありません。
      ↓
  4. 【当日受付】
    受講票または名刺と参加費(3,600円)を用意してお越しください。
    ※但し、当協議会の会員様 及び 報道関係者様無料
    受付で、資料と領収書をお渡しいたします。

お問い合わせ先

検体測定室連携協議会 事務局
〒101-0032 東京都千代田区岩本町 1-8-15 イトーピア岩本町一丁目ビル 4階
TEL:03-5833-7045
e-mail:info@yubisakiself.jp

Copyright © 検体測定室連携協議会 All Rights Reserved.